1

 

養子縁組について

 

ドラマ等で養子や養子縁組という言葉を耳にする機会が多くなってきていますが、

「そもそも養子とは何か。」や「どうやって養子になるのか。あるいは養子をもらうのか。」

などが明確に分かっていない人は少なくないと思います。

 

そこで、今回は養子縁組について紹介します。

 

養子縁組とは

 

養子縁組とは、血が繋がっていない者同士の双方が同意すれば、

親子関係を結ぶことができる制度です。

双方の同意のもと、養子縁組届を提出することで、

通常の親子と同様に相続の権利や扶養の義務が発生します。

 

 

その養子縁組の歴史は古く、

最初に養子に関する法律が現れたのは、701年に制定された大宝律令です。

しかし、昔の養子の考え方は、家系の存続に重きを置かれていたため、

現在の養子縁組とは内容が異なります。

 

現在の養子縁組は、誰でも20歳以上になっていれば、

独身であってもすることができます。

一方の養子側も、養子になる本人の年齢が15歳以上であれば、

養子になることができます。

 

また、本人に意志があれば15歳未満であっても、

法定代理人の承諾で養子になることができます。

他にも、養子を取る親は、養子よりも年上でなければならない等、

様々な条件がありますが、それらの条件をクリアできれば、

誰でも養子縁組という制度を利用することができます。

 

では、少し前でも述べましたが、なぜ養子縁組が必要なのかについて、

次の章でくわしく紹介します。

 

養子縁組は2種類ある

 

養子縁組には、普通養子縁組と特別養子縁組の2つが存在する。

その大きな違いは、戸籍上の実の親との関係が残るか否かです。

 

普通養子縁組では実の親との関係は残りますが、

特別養子縁組では実の親との関係は残りません。

 

実の親が子を養育できるかどうかということを踏まえて、

これらの2つの養子縁組を使い分けます。

 

image1

 

養子縁組制度はなぜ必要なのか

 

家・親・子のためという観点から、養子縁組制度は必要とされています。

まず初めに、家のためという観点について説明します。

家の家長の後継者には子どもが必要不可欠です。

 

しかし、何らかの理由で後継者を作れない場合、

養子縁組制度により養子をとり、家長を継がせることができます。

この理由から養子縁組制度は「家」のために必要ということが分かります。

 

次に、親のためという観点から、養子縁組制度は必要であるということです。

これは子を養いたいという親の欲求や、

老後の扶養を得たい等の理由があると考えられ、

これらの理由から「親」のために、養子縁組制度が必要であるとされています。

 

最後の子のためにという観点では、恵まれない子を救う等という理由から、

養子縁組制度が必要であるとされています。

しかし、実際は「子」のために養子縁組制度を利用していることは少なく、

「節税養子」や「婿養子」などの言葉ができるなど、「子」のためには使われず、

「家」や「親」のために使われていることがままあります。

 

さいごに

 

養子縁組は相互の同意の下で行われなければならないにも関わらず、

「子」の立場を尊重しない現状は決して許されることではありません。

養子縁組の制度は、「家」や「親」の将来だけでなく、

「子」の未来も変えてしまう制度です。

 

養子と養親が幸せな家庭を築くためには、お互いを尊重して、

お互いの納得のいく形で、養子縁組をすることが重要になってきます。