実子ではない赤ちゃんや子どもを家に迎えるときには、里親制度を利用したり養子縁組する方法などがありますが、戸籍上も本当の親子のような取り扱いをしてもらうための養子縁組制度があります。

このような養子縁組のことを「特別養子縁組」と言いますが、そもそも特別養子縁組とはどのような養子縁組制度なのでしょうか?
今回は、特別養子縁組制度について、その概要をわかりやすく解説します。

1.特別養子縁組とは

血のつながっていない(自分の実子ではない)赤ちゃんや子どもを自宅に迎えたい夫婦は多いです。この場合、特別養子縁組という制度を利用することがよくあります。

なぜ、特別養子縁組を利用するのでしょうか。以下でその理由や特別養子縁組の制度について説明します。

そもそも特別養子縁組とはどのような制度なのでしょうか。
特別養子縁組とは、子どもと実親(子どもの生みの親)との関係が切れてしまうタイプの養子縁組のことです。

養子縁組には、通常の養子縁組(普通養子縁組)と特別養子縁組の2種類があります
普通養子縁組では、養子となる子どもとその子どもの実親との関係は切れません。通常の養子縁組を利用した場合には、戸籍上も実親の記載が残りますし、養親との関係については「養子」「養女」などと記載されます。

これに対して、特別養子縁組をした場合には、その子どもと実親との関係が残りません。
よって、戸籍上も、直接養親の戸籍に入り、その記載は「長男」「長女」などと記載されます。
民法上の親権についても取り扱いが異なります。

通常の養子縁組の場合には、親権は元の親に残りますが、特別養子縁組を利用すると、子どもと実親との関係が切れるので、子どもの親権も当然養親に映ります。

このように、特別養子縁組を利用すると、より実際の親子に近い関係を作ることができるのです。

そこで、子どもを家に迎える場合、本当にその子どもと、血のつながった親子と同じような関係を作っていきたいと希望する場合には、特別養子縁組を利用することが多いのです。

 

2.特別養子縁組の目的

特別養子縁組は、民法によって認められる制度ですが、次に、この制度はどのような目的で定められるものなのかをご説明します。

特別養子縁組の何よりの目的は、子どもの利益の実現です。特別養子縁組は、子どもに、恒久的な家庭環境を与えることによって、子どもの利益を計ることを目的として作られた制度なのです。
よって、特別養子縁組を組む場合には、子どもの利益にかなうかどうかと言う観点から判断する必要があります。

これに対して、普通養子縁組では、必ずしも子どもの利益を目的とはしません
たとえば家系を維持するために養子を迎えることもありますし、相続税などの節税対策のために普通養子縁組を利用する事もあります。
このような、親の都合によって特別養子縁組を利用する事は認められません。

 

3.特別養子縁組には厳しい利用条件がある

特別養子縁組を利用するためには、条件があります。
もともと養子縁組をするためにはいくつか条件がありますが、特別養子縁組を利用する場合には、さらに厳しい条件が必要になります。

特別養子縁組では、子どもに恒久的な家庭を与えて、子どもの利益を実現するという目的を実現する必要があるからです

まず、特別養子縁組を利用するためには、養子となる子どもが6歳未満である必要があります。それ以上に子どもが大きくなってしまうと、子どもに以前の親の記憶が残ってしまい、養親との関係について、本当の親子と同じような関係を作ることができなくなる可能性があるからです。また、子どもが大きくなりすぎると、実親との関係を断ち切ること自体が子どもに辛い体験をさせてしまうことにもなります。
また、特別養子縁組を利用する場合には、養親となる人が夫婦であり、その片方が25歳以上である必要があります。

特別養子縁組では、子どもに恒久的な家庭を与えることを目的としています。よって、両親がそろっている環境が必要になります。ひとり親で特別養子縁組を利用したいと思っても、それは認められないのです。

また、夫婦であっても、あまりにも若すぎる場合には、血のつながっていない子どもを託すのは不安になります。

そこで、夫婦が特別養子縁組を利用して子どもを家庭に迎える場合には、夫婦の一方が25歳以上である必要があるのです。
この点、普通養子縁組の年齢制限は、特別養子縁組のものよりかなり緩くなっています。

子どもについては、親より年上でなければ養子となることができますし、親については、20歳以上であれば養親になることができます。養親となる場合に夫婦である必要もありません。

 

4.特別養子縁組を利用した場合の効果

特別養子縁組を利用して赤ちゃんや子どもを家庭に迎えると、どのような効果があるのでしょうか。
まず、この場合、戸籍にその子どもが養親の「長男」「長女」と記載されます。よって、将来子どもが戸籍を見た場合も本当の親子のように見えますし、周囲から見た場合にも本当の親子のように受け止められることになります。子どもが将来戸籍謄本を見て、実は養子だと知ってショックを受けるということも避けられます。

また、特別養子縁組をすると、子どもの親権が養親に移ります。通常の養子縁組を利用したり、里親制度を利用しても、子どもの親権は元の親に残ったままになるので、これと比べると特別養子縁組の効果は強力です。

さらに、特別養子縁組を利用すると、遺産相続権についても影響が出ます。
特別養子縁組をすると、子どもと実親との関係が断ち切られます。よって、子どもは実親の相続権を失うことになるのです。もちろん、養親とは親子関係になるので、養親の相続権はあります。

これに対して、普通養子縁組の場合には、実親の相続権を失うことはありません。

 

5.特別養子縁組をする方法

特別養子縁組をするためには、一定の手続きを踏む必要があります。
特別養子縁組は、子どもの利益のためにする手続きなので、誰でも自由にできるわけではなく、きちんと裁判所による許可をもらう必要があります。この点普通養子縁組なら、単に縁組届を市町村役場に提出するだけで手続きすることができます。

特別養子縁組をするための具体的な手続きとしては、家庭裁判所に対して特別養子縁組許可の申立をしなければいけません。そして、その申立が認められて特別養子縁組を認める審判があれば、特別養子縁組ができます。

このときに利用する裁判所は、特別養子縁組の申立をして親となろうとするものが居住する住所を管轄する裁判所です。

特別養子縁組の許可の申立をすると、本当にその夫婦が子どもの親として適切かどうかの調査が行われます。具体的には、申立をした夫婦が裁判所に行って、裁判所の担当調査官と面談をします。また、調査官が申立人の家庭訪問をして、家庭環境を確認するなどの手続きも行われます。

このような過程を経て、特に問題がないと判断された場合には、裁判所によって特別養子縁組を許可する審判がなされます。
審判がおりた場合、その審判書を持って市町村役場に行くと、特別養子縁組の届けをすることができます。

 

まとめ

今回は、特別養子縁組の概要について解説しました。
特別養子縁組を利用すると、子どもと本当の親子のような関係を作ることができます。特別養子縁組は、子どもに恒久的な家庭を与えるという子どもの利益を目的としている制度です。

赤ちゃんや子どもを家庭に迎える方法としてとても有用ですので、迎え入れる子どもと本当の親子に近い関係を作りたい場合には、是非とも検討してみると良いでしょう。