105b80ba (1)

 

赤ちゃんポストについて

 

「赤ちゃんポスト」という言葉はあるドラマで紹介されたり、

ニュースで取り上げられたので、

耳にしたことがある人はいらっしゃると思います。

 

しかし、実際に赤ちゃんポストについて知っている方は多くないと思います。

「誰もが赤ちゃんポストを使うことができるのか。」や

「実際に預けられた赤ちゃんの将来はどうなるのか。」などの

疑問を抱く方もいることでしょう。

 

そこで、今回の記事では赤ちゃんポストの役割について紹介します。

 

赤ちゃんポストとは?

 

様々な事情で子育てを続行することが難しい親が、身元を知られることなく、

病院などで安全に保護をしてもらう為の施設やシステムのことを、

「赤ちゃんポスト」と呼んでいます。

 

海外では、1198年、イタリアにも赤ちゃんポストの原型となる施設が

存在していました。

 

また日本でも、過去に東京都済生会中央病院の「捨て子台」や

群馬県の養護施設、鐘の鳴る丘少年の家が「天使の宿」など、

似たようなシステムを取る施設もありましたが、

現在このシステムを導入しているのは、

熊本県にある慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」のみとなっています。

 

しかし、次になぜ赤ちゃんポストが必要なのか、その理由を紹介します。

 

赤ちゃんポストがある理由

 

そもそも、なぜ赤ちゃんポストが設置されたのか、

理由が明確になっていない方もいらっしゃることだと思います。

 

赤ちゃんポストが設置される以前は、様々な理由で望まない妊娠・出産を経験し、

森などに赤ちゃんを置き去りにしてしまい、赤ちゃんが亡くなってしまっていました。

そんな赤ちゃんの無力な死を防ぎ、一つでも多くの命を助けることが、

赤ちゃんポストが誕生した理由です。

 

現在、捨て子が人身売買されるのを阻止することも、

赤ちゃんポストの役割の一つにもなりつつありますが、

赤ちゃんを「守る」ことに変わりありません。

一つの小さく、尊い命を守るために設置された、

赤ちゃんポストは今もその命を救っています。

 

そんな赤ちゃんポストですが、実際に日本の赤ちゃんポスト、

「こうのとりのゆりかご」はどのように利用されているのか、次の章で紹介します。

 

208db4aeff796783744d1f733ef287fb-300x200

 

「こうのとりのゆりかご」の利用のしかた

 

現在、日本に存在する赤ちゃんポストは、

熊本県熊本市にある慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」だけです。

「こうのとりのゆりかご」は、赤ちゃんポスト先進国である、

ドイツのベビークラッペ(Baby Klappe)を模範として、

2007年5月から赤ちゃんの受け入れを始めました。

 

両親のプライバシー保護の観点から、

赤ちゃんを入れる窓口は人目につきにくい場所にあります。

窓口の扉の中には保育器があり、

病院窓口の連絡先などが記入された、両親宛の手紙もあります。

保育器に赤ちゃんを置くと、センサー反応し、

看護師などの医療スタッフが赤ちゃんを保護してくれます。

 

また、「こうのとりのゆりかご」は、電話やメールでの相談窓口を設置することで、

安易な気持ちでの利用をすることができないような仕組みを取っています。

 

しかし、そのような対策を取っていても、相談なく赤ちゃんを預ける人もいます。

そのような赤ちゃんは、そこの医者が健康状態を確認し、

その後、熊本市児童相談所と警察へ連絡をします。

 

こうして、赤ちゃんポストに預けられた赤ちゃんは、

児童相談所を通して乳児院へ移されます。

赤ちゃんが成長し、2歳を過ぎても親の引き取りがない、里親が見つからなければ、

その赤ちゃんは児童養護施設で養育されることになります。

 

ナース

 

最後に

 

たしかに、赤ちゃんポストを設置することで、小さな尊い命を救うことができます。

しかし一方で、赤ちゃんを捨てる人が増えてしまうのではないか、

という懸念もあることもまた事実です。

また、熊本県だけでなく、

赤ちゃんポストを全国的に設置するべきだと考える人もいるでしょう。

 

しかし、どの考えが正しいということはありません。

重要なことは、常に赤ちゃんの気持ちになって考えて、行動に移すということであり、

決して大人の利益を先に考えてはいけないのです。

尊い命を守るため、何か自分にできることはないかなど、

赤ちゃんポストについて、議論をしてみてはいかがでしょうか。

 

※当団体の活動は慈恵病院とは関係ございません