img_article_01 (1)

 

里親・養子縁組を希望される方

以下の要件を満たしていただく必要がございます。

 

里親の要件

・要保護児童の養育についての理解や熱意と愛情を持っていること

・経済的に困窮していないこと(※親族里親を除く。)

・道が行う所定の研修を終了していること(※親族里親、養子縁組希望里親を除く。)

・本人又はその同居人が虐待などの欠格事由に該当しないこと

 

養子縁組の要件

・当事者(養親と養子)双方が、養子縁組をする意志があること。

・養親が成人していること(結婚している場合は、20歳未満でも、成年とみなされます)。

・養子が、養親の尊属または年長者(年上)でないこと

(生まれた日が1日でも遅ければ養子となることが可能です)。

・養子が、養親の嫡出子または養子でないこと

 (実の子は養子に出来ないという事です)。

・未成年者を養子とするときは、家庭裁判所の許可を得ていること。

 ただし、自己または配偶者の直系卑属を養子とする場合は不要です。

・未成年者を養子とする場合は、配偶者とともに縁組をすること。

 ただし、配偶者の嫡出子を養子とする場合は、単独で可能です。

・養子、養親に配偶者がいる場合は、配偶者の同意が必要。

・養子が15歳未満の場合は、法定代理人が養子縁組の承諾をすること。

・後見人が被後見人を養子とする場合は家庭裁判所の許可が必要。

・養子の年齢は6歳未満。

 (例外:6才未満から事実上養育していたと認められた場合は8才未満まで可能)

※未成年者を養子とする時は、

 養子となる者の住所地の家庭裁判所に養子縁組許可の申出を行わなければなりません。

 

里親と養子縁組の違い

里親と養子縁組は一緒に思われがちですが、

里親委託は戸籍上の繋がりはなく、

育ての親が一時的に子供を預かる制度なのに対して、

養子縁組は、戸籍上、繋がりが発生し、

子供を育てる制度である。

 

養子の条件

6歳未満であること。

もしくは6歳に達する前から事実上養育されていたと認められる場合、

8歳未満でも可能。(民法第817条の5)。

 

養親の条件

原則、夫婦が25歳に達していること

(夫婦の一方が25歳に達していない場合においても、

その者が20歳に達していればよい。民法第817条の4)

養親の上限年齢については、民法上の規定はない。

(概ね、子供の養育を考慮した場合、50歳未満までが適切と考えられます。

当会としては、養育が問題ないと判断した場合に限り、

50歳以上でも養親になることは可能)

児童相談所で縁組をする場合、各自治体が要件を定めており、

基本的には、養子縁組里親の要件を25歳以上50歳未満としています