当協会では、原則弁護士を間に入れています。
その理由の1つに養子あっせん事業は、失敗が許されないので
安全性を考慮した結果このような結論に至りました

ただし将来的に弁護士を入れずに安全性が確認出来た場合や
親御様が専任した弁護士を入れた場合は、当協会で弁護士の紹介をしません
(但し弁護士を入れなかった場合、法的なトラブルの責任を負わない旨の書類を承認してもらいます)

動画による回答